真実の裏の裏

XIIIIVI

TRPG

同人誌 / 全年齢 / 2008年08月11日発行 / サイズ区分:M

1,333円(税抜)

(左右スワイプでサンプルページを表示)

Sold Out

詳細情報

ブレイドオブアルカナ3rdの短編リプレイ集です。

オマケにサークルHP上連載のGISINENBUの登場キャラクターのしおりを一枚おつけ致します。
(全五種)何が当たるかはおたのしみに……。

登場人物
▼ギュンター・ルッツ
すっかりPC1の座に座り始めたエリート魔術師。へたれ成分が抜け始め、成長の兆しが見て取れますが、彼の暴走っぷりは健在です。

▼“獅子を継ぐ者” アルスラン
安定感のある、主人公アルスラン王子。クラッドの登場に伴い、攻勢アダマスへの成長をはじめます。無茶な必殺技は健在です。

▼クラッド・アルファルダ
『雷神の使徒』の方ではなく、こちらの本の第一話が本来の彼の初登場となります。ひょうきんな動作とは裏腹に、重い過去を持つ青年騎士。どうしようもない馬は健在です。

▼シュバルツ(リエ)・ヴォイド
一話を除き、すっかりNPCが板についている盗賊。デレそうになっては、デレてたまるかとブレーキをかける日々。スレデレは健在です。

第一話 『永遠の愛を君に…』概要
 ワインが名産である、カイゼルシュタットの地で、クラッドは領主の息子ミゲールと出会う。貴族子息らしい、威張り散らした行動の中に、酷く怯えの目立つ子供。彼は、クラッドの聖痕を見て、「聖痕者って強いんだろ…?僕を助けてくれ」とすがる。
 同時刻、アルスランも訪れたこの地で、領主からこの街に立ち込める怪しい気配の調査の協力を請われる。次々と子供が殺されていくという、怪奇な事件。かつて受けた恩に報いるため、アルスはその願いを、老領主のため、己のために受ける事にした。
 そして、同じように街に訪れていたギュンターは、路銀の足しに、と幽霊屋敷の調査を引き受けていた。
 罪の無い子供達の死に隠された共通点とは?ミゲールは何に怯えているのか。聖痕者達の運命が交差する。
 他、3話収録。(以下詳細)

第二話『真実の裏の裏』
 シュバリエが何処からか盗んできた、奇妙な指輪。全てはその指輪から始まった。指輪の持つ魔力で、嘘のつけなくなったシュバリエと、それを追う謎の【貌の無い男】。ギュンターは、その男が彼女を捕らえる前に、指輪の謎を解く決心をする。

他 2話収録

サークルのWEBサイトへ